「私、がんばってます!」Vol.02-3 桑名病院 高橋さん

桑名病院 高橋さん インタビュー

【good&new】

小川)次に最近のgood&newを教えてください。
高橋)良かったというと自分が前に受け持っていた患者さんが退院されて、その後に何日かして自分を訪ねてきてくれた時が良かったですね。自分に会いに来てくれて、おかげ様で元気になったから顔を見に来たよって報告しに来てくれた時はすごく嬉しかったですね。

小川)それは嬉しいですね!看護師さんならではの醍醐味ですね!
高橋)はい、そうですね。

小川)わかりました。あとは悪かったことと言いますか、失敗談なんていうのもありますか?
高橋)失敗談というか自分が急性期と慢性期が混在している中で、自分のやっている看護が本当に患者さんや家族が望んでいる事なのか悩むことがあって、これでいいのかなということを考えることがありますね。そんな時に先輩に相談して、そういうカンファレンスを開いてアドバイスをもらったりしますね。

小川)なるほど。要は自分がやっている看護が本当に求められていることなのかという葛藤があるわけですね。
高橋)そうですね。そういう時は自分だけで悩まないようにしてます。。自分が気付いたこととかを先輩に確認して行うようにしています。

小川)最近のこんなことを勉強したいなということはありますか?
高橋)心臓の循環器の勉強とじょくそうについても、予防策と対処・改善策ですね。もしできた時の処置の方法、できる原因などももっと勉強していきたいですね。

小川)なるほど。それは何でですか?
高橋)やっぱり病棟が循環器病棟で、まだまだ知識が足りない点を実感しているのと、じょくそうに関しては寝たきりの患者さんが多いので、入院してからできてしまうこともあります。また、じょくそうを作って入院されてくる方もいるので、そういう方を見ていて毎日処置があるのは患者さんも苦痛ですし、やる方もそれなりのケアの時間やお互いの労力も使いますので、いかにじょくそうを作らずにやるかというのも重要ですので。

小川)なるほど。勉強するとしたら本とかですか?
高橋)はい。あとは勉強会ですね。あと感染症に関しても全く知識が浅いので、今回感染委員会のサポート・補佐でそういう委員会にも属したので、これをきっかけにまた感染についても勉強しなきゃなというふうに思っています。

小川)素晴らしいですね。

【学生時代を振り返ってみて】

小川)少し話は変わるのですが、看護学校に行ってらっしゃったときに、勉強もそうでしょうし、バイトもあったでしょうけれど、今振り返ってみますと何が1番良かったなと思いますか?
高橋)学生の頃はもう28歳だったので、周りはみんな働いていましたし、まだ結果が出ていない中であまり遊ぶことはなかったのですが、その中でも僕、子どもがいるんですけど、学生のちょうど1年生の時に子どもが生まれて・・・。

小川)えっそうなんですか!?
高橋)はい(笑)それで、子育てと学校とアルバイトで本当大変だったんですけど、そういう家族が支えになってくれて、家族の協力があってできたことだと思います。

小川)働きながら自分のお金で学校に行って、ご家族もいらっしゃって、前の生活と随分違ったのではないですか?
高橋)そうですね。立場がすごく小さくなった中で、奥さんが働いて、子ども見てくれて自分も協力しながらというような感じですね。

小川)なるほど。

【国家試験】

小川)国家試験についてお聞きしたいのですが、どれくらい前から準備をしていらっしゃったのですか?
高橋)国家試験の準備は、実習の時は実習で精一杯で、夏からは始めるようにはちょっとずつしていたのですが、実際始めたのは11月から12月くらいからですね。実習が終わるのが12月くらいなので、終わってから本格的に始めました。夏にはもちろん夏期講習に東京アカデミーへ行っていたのですけど、そこまで真剣にやっていなかったですね。

小川)なるほど。今振り返ってみますと、もうちょっとこれを勉強しておけばよかったなと思うことはありますか?
高橋)勉強よりも実習ですね。実習でもうちょっと患者さんの病態を深く関連付けて援助できたらなというのは思いましたね。

小川)なるほど。
高橋)浅い知識だったので、病態がわかればもうちょっと患者さんの援助に繋げられたかなと思います。

小川)わかりました。


← 前のページ | 次のページへ →
目次へ戻る

看護師求人情報、詳しい条件等、お電話でのお問い合わせもお受けしております。
看護のお仕事100件以上 非公開求人も多数ご用意!会員登録はこちら ↓↓

条件による絞込み検索はこちら!

安心のキャリアアドバイザーサポート

・見学・面接に同行します。
・じっくり丁寧に面談します。
・入社初日に同行します。

新潟県・新潟市中央区の看護師求人・派遣・転職|新潟ナース就職バンクについて

 新潟ナース就職バンクは、看護師の方が転職して、ほっとしてもらえるサポートを目指す、ケアスタッフが運営する看護師専門求人募集サイトです。
 私たちケアスタッフは「長寿社会の未来に役立つツルハシを提供する」をビジョンに掲げ、医療、介護などの看護師就職問題の解決に取り組んでいます。看護師を目指している方まずはご相談ください。あなたにあった求人が見つかるはずです。

新潟県・新潟市中央区の看護師求人・派遣・転職|新潟ナース就職バンクについて
会社概要 | メディア掲載実績

新潟の派遣・求人状況

新潟県の看護師は「売り手市場」です。派遣、就職、転職を問わず求人は多く、求人数1,134人、求職数507人というデータからも、はっきりと分かります。

新潟で看護師派遣の求人情報など新潟ナース就職バンクでサポートします!
今すぐ登録!駐車場も無料です!

毎週水曜日に看護職のための相談会を実施しています。今後のキャリアプランや求人の事をじっくり相談いただけます。

FEATURE

ケアスタッフセミナーDVD 詳細はこちら
5分で分かる ケアスタッフが選ばれる理由  就職・転職成功者の本音アンケート一覧 U・Iターンインタビュー 看護師の知恵袋 看護師が知って得するお役立ち情報
ケアスタッフ

〒950-0983
新潟県新潟市中央区神道寺2-1-1
TEL 025-240-7322
FAX 025-244-3023

ケアスタッフ

看護職の就職・転職のことなら私達に何でもご相談ください。

ケアスタッフ

お子様連れでも安心ですよ。

ケアスタッフ公式フェイスブック | ベテランナースに聞いた「私の看護師人生」